team Alaska

salmon-plf

サーモン隊長

ぬいぐるみ冒険家。数々の冒険を経て team Alaska の隊長となる。team Alaskaの活動に没頭するあまり、チームカラーのグリーンに染まってしまう。好きな食べ物はイクラ。体は弱め。


杉田 親次朗

杉田 親次朗

高校1年から自転車旅を始め、これまでに国内様々な場所を自転車で巡った。"日本を飛び出して世界を走りたい"という想いから北アメリカ大陸大冒険への挑戦を決意。釣りや登山などアウトドアを幅広く愛する。広島県出身、大阪在住の大学生。


SHO-HEYプロフィール

江口 祥平

高校卒業後すぐにワーホリを取得しオーストラリアへ飛ぶ。現地では日本料理店、農場で働くことで何とか1年食いつなぐ。帰国後には冒険に積極的となり、ベトナム縦断、北海道・沖縄自転車旅など数多くのチャレンジを成功させた。兵庫県尼崎在住の大学生。


Category

HOME



twitter


【渡米まで131日】旅の途中に出会いたいアラスカの動物たち


アラスカは沢山の動物が生息していることで有名だ。


僕も旅の途中に様々な動物に出会うだろう。(嫌でも出会う)


そこで、今日は僕がアラスカで出会う(かもしれない)動物たちをすごく簡単に紹介する。


ブラウンベア

グリズリー



まずはブラウンベア。
いわゆるグリズリーというやつです。

知床にも生息するヒグマの亜種で、とにかくデカすぎるクマです。

ブラウンベアには出会ってみたいですが、できれば遠目での遭遇を希望します。
ブラウンベアとの遭遇に備えて望遠レンズを用意しておかないとね。



ブラックベア

ブラックベア
アラスカ熊シリーズNo.2 ブラックベア です。
アラスカにはシロクマも生息していますが、実際に出会うのは ブラウンベア 、ブラックベア の二種類でしょう。

グリズリーよりも好奇心が旺盛で危険だとか何とか・・・。
できれば遭遇したくないですね。

いやでもやっぱり遠目で一回は見ておきたいな。



ラッコ

ラッコ
権利:mikebaird
ラッコにはぜひ出会いたいです。

アラスカでは海辺に沢山いる と聞くが本当か?


とりあえず海辺で必死に捜索してみます・・・。



クジラ

クジラ
ラッコ探しの途中にたまたま見たいランキング第1位 クジラ。

色々な種類がいるようです。
見れるものならとにかく大きいクジラを見たいです。

大きなクジラの大ジャンプが見たい。



シャチ

しゃち
ラッコ探しの途中にたまたま見たいランキング第2位 シャチ。

シャチはレアですよ。
シャチが見れた日にはブラウンベアに食べられるかもしれません。

僕はまだシャチを生で見た事がありません。
水族館で見る前に、一度野生のワイルドシャチを見ておきたい。



サーモン

サーモン
出典: TravelAlaska.jp
サーモン食べたい。

たまたま祥平が捕まえて来て欲しい動物ランキング第1位です。


釣りが趣味の僕としては、一度はキングサーモンを釣ってみたいものです。
アラスカでも釣りができる機会があると良いな。



オオカミ

オオカミ
アラスカにはオオカミもいるそうです。

間近で見てみたいですが、キャンプ中には絶対会いたくありません。
こんなのに追いかけられたら一溜まりもありません。

大人しいオオカミだけ出てきて下さい。



ハクトウワシ

ハクトウワシ
鳥部門ではハクトウワシを見ておきたいところです。

アメリカのシンボルであるハクトウワシは実に美しい鳥です。

祥平のご飯とか盗んで行って欲しいです。面白いネタになりそう・・・。



ムース

ヘラジカ
最後に紹介するのはムース(ヘラジカ)です。

見ての通り、デカすぎる鹿です。トラック並にデカいです。
まさにシシガミって感じで、ぜひ出会いたい動物の一つです。

ムースは怒らせると大変なことになるそうで、出会った時は慎重に挨拶したいと思います。




まとめ

まだまだ紹介しきれないほどアラスカには沢山の動物がいます。

出会いは全て運ですが、死なない程度に出来るだけ多くの動物に出会いたいです。
そして写真を撮りたい。

現地での写真を楽しみにしていて下さい!





今日の資金状況

【出発まで】131日

【今日の収入】アルバイトで+7000円
【目標金額まで】138万円

【コメント】
今日もアルバイトでした。
帰宅後はひたすらに作業を進めました。
旅の企画書はある程度完成したので、草案Ver.を間も無く公開できるかと思います!
休むことなく頑張ります!


【今日の一言 from 祥平さん】
乾坤一擲。





【杉田親次朗】
関連記事

コメントの投稿