team Alaska

salmon-plf

サーモン隊長

ぬいぐるみ冒険家。数々の冒険を経て team Alaska の隊長となる。team Alaskaの活動に没頭するあまり、チームカラーのグリーンに染まってしまう。好きな食べ物はイクラ。体は弱め。


杉田 親次朗

杉田 親次朗

高校1年から自転車旅を始め、これまでに国内様々な場所を自転車で巡った。"日本を飛び出して世界を走りたい"という想いから北アメリカ大陸大冒険への挑戦を決意。釣りや登山などアウトドアを幅広く愛する。広島県出身、大阪在住の大学生。


SHO-HEYプロフィール

江口 祥平

高校卒業後すぐにワーホリを取得しオーストラリアへ飛ぶ。現地では日本料理店、農場で働くことで何とか1年食いつなぐ。帰国後には冒険に積極的となり、ベトナム縦断、北海道・沖縄自転車旅など数多くのチャレンジを成功させた。兵庫県尼崎在住の大学生。


Category

HOME



twitter


【渡米まで133日】学生がスポンサーシップを獲得するためには?飛び込み?電話?メール?


ただいま企業からの協賛を集める為に日々奮闘中です。

努力の甲斐あってか既に複数の企業からご協賛を頂くことができました。(運がよかっただけかも?)
協賛して頂いた企業様には本当に感謝しています。
ありがとうございます。


そんな訳でただの学生が企業協賛を獲得する為に行ったことを紹介しようと思います。





スポンサーシップを制度化している企業を探す


実は個人のスポンサーシップを制度化している企業は結構あります

近年はSNS上の一般人インフルエンサーが消費者に対して大きな影響力を持つようになりました。
企業としてもそんなインフルエンサーを味方に付けたいところ。

そのため、インフルエンサーへ物資協賛することを厭わない企業も増えてきたようです。

時代だね。


さらには社会的意義のある活動を支援することで企業のCSRにも繋がる訳です。
モンベルの行うチャレンジ支援プログラムもこの一つと言えます。

チャレンジ支援プログラムってなんだ??という方はコチラの記事を参考にして下さい。
旅を決めた最後の一押し、モンベルチャレンジ支援プログラムとは?


その他、企業が参加募集をする企画への応募もスポンサー獲得への近道かもしれません。
例としては、スイスの自転車メーカー ブルーノ が企画している『BRUNOが応援する「旅」 ~世界の自転車旅をサポート~ 若者よ旅に出よ!』などが挙げられます。旅の費用負担という特典がとても魅力的です。



総じて言えるのは、スポンサーシップを制度化している企業は 話が早い ということです。
企業側からオープンに募集しているわけなので、自分からチャレンジについて多く説明する必要がありません。
この点、他とは違ってハードルが一つ下がります。

最初のスポンサーシップを獲得する方法としてオススメです。


メール、問い合わせフォームを使う


メールを送ることは気が楽で、誰もが考える方法だと思います。
しかし、この方法ではなかなか協賛を獲得することは難しいです。

企業側としてもメールだけで協賛を決めることに不安を感じているのかもしれません。

それでも絶対に無理というわけではありません
僕の場合も、メールによる協賛の獲得に成功しています。

熱意を持って諦めることなく続ければ、きっと報われることでしょう。


メールは努力・・・。


電話で交渉する


問い合わせフォームを探しても見つからないこと。よくあります。悲しい・・・。

そんな場合は電話で問い合わせましょう。

勇気が入りますが、ここは頑張り時です。


こればっかりはいつまで経っても慣れません・・・。


飛び込み営業


一番有効かつ一番勇気の必要な方法です。

持ち物は一枚の企画書と熱意

飛び込みは当たって砕けろという気持ちで頑張るしかないようです。


良い点としては、対面して話すことができるので話が伝わり易いです。
そして良くも悪くもレスポンスが早いです。


僕も商談室で行った人生史上一番ガチなプレゼンには人生史上一番緊張しました。
ただ、こんな貴重な体験他にはありません。ありがたい。


飛び込みはしっかり準備をして万全の状態で臨みましょう。
飛び込みで獲得したスポンサーシップほど嬉しいものはないでしょう。




まとめ


今回、紹介した方法の以外にも 知人からの紹介 などラッキーパターンもあります。

自分に合った方法を探して協賛獲得を成功させましょう。


ただし、企業協賛を頂くからにはそれ相応の責任が伴います
闇雲に協賛企業を探すだけでなく、しっかりと今後を見据えた活動を行う必要があります。
覚悟を持って臨みましょう。


僕もこれから頑張ります!




今日の資金状況

【出発まで】133日

【今日の収入】±0
【目標金額まで】139万4000円

【コメント】
ようやく風邪が治ってきました。今日は大学から帰宅後、旅の企画書を作っていました。完成にはもう少し時間がかかりそうです。毎日のブログ更新も頑張ります! 拍手 か いいね を押してくださると単純なのでとても喜びます。




【杉田親次朗】
関連記事

コメントの投稿