team Alaska

salmon-plf

サーモン隊長

ぬいぐるみ冒険家。数々の冒険を経て team Alaska の隊長となる。team Alaskaの活動に没頭するあまり、チームカラーのグリーンに染まってしまう。好きな食べ物はイクラ。体は弱め。


杉田 親次朗

杉田 親次朗

高校1年から自転車旅を始め、これまでに国内様々な場所を自転車で巡った。"日本を飛び出して世界を走りたい"という想いから北アメリカ大陸大冒険への挑戦を決意。釣りや登山などアウトドアを幅広く愛する。広島県出身、大阪在住の大学生。


SHO-HEYプロフィール

江口 祥平

高校卒業後すぐにワーホリを取得しオーストラリアへ飛ぶ。現地では日本料理店、農場で働くことで何とか1年食いつなぐ。帰国後には冒険に積極的となり、ベトナム縦断、北海道・沖縄自転車旅など数多くのチャレンジを成功させた。兵庫県尼崎在住の大学生。


Category

HOME



twitter


【渡米まで138日】お金はどうやって用意する!?北アメリカ大冒険で必要な予算について


アラスカへ出発は2018年4月10日を予定している。

渡米までの日数を数えてみると残り138日

たった138日しか残されていないのだ!


ここで大問題として立ちはだかるのが予算問題・・・。



1年間海外を旅するとどれだけのお金が必要になるのか。
最低限必要な予算を計算してみた。

vesnbr.png

計算によると150万円は用意しておきたいところだ。

さらに、アラスカやアメリカ西海岸は物価が高いと聞くのでプラスαで30万円の支出を見込んでおきたい。

つまりは180万円あると何とかなりそうだ。(何とかなってくれ)


それでも大問題なのは現在の貯金額
その額はなんと10万円・・・。



冒険を決めたのが遅かったのもあるが悲しい金額である。

貯金を差し引いてもこれから4ヶ月で140万円を用意する必要があるのだ!
(さらに悲しくなるのでプラスαの30万円は一先ず考えないでおく)


さあ、残り138日で140万円どうやって用意しよう?



アルバイト

確実にお金を稼ぐ方法はこれだろう。

しかし出発まで毎日1万円(138日×1万=138万円)を稼ぐことは現実的ではない。

僕は学生なので学業も頑張りたい。

それでも現在は月12万円ほどアルバイトで稼いでいるので少なからず貯金はできるだろう。
だが、140万円は程遠い金額である。


どうやらアルバイトとは別に資金を集めなくてはいけないようだ。


企業からの協賛金


協賛金を貰うことは製品を提供して貰うことに比べ格段に難しい。

しかし不可能ではないだろう。

これからも諦めずスポンサーを探せば協賛金を出してくれる企業も見つかりそうだ。
(見つかってくれ!)


個人協賛、クラウドファンディング


協賛は企業だけでなく個人から得ることもできる。

さらに最近はインターネットの発展によって一般の人がお金を集める方法が多様化した。
クラウドファンディングもその一つである。



まとめ


ここに挙げた方法の他にも色々なやり方で資金を集めることができるだろう。
なんとか140万円に届くようこれからの努力していきたい。

今後はブログを通して資金状況を発信していくので、ぜひぜひ小まめにブログをチェックして下さい。




今日の資金状況

【出発まで】138日
【目標金額まで】140万円

【コメント】
頑張ろう・・・!




【杉田親次朗】
関連記事

コメントの投稿