team Alaska

salmon-plf

サーモン隊長

ぬいぐるみ冒険家。数々の冒険を経て team Alaska の隊長となる。team Alaskaの活動に没頭するあまり、チームカラーのグリーンに染まってしまう。好きな食べ物はイクラ。体は弱め。


杉田 親次朗

杉田 親次朗

高校1年から自転車旅を始め、これまでに国内様々な場所を自転車で巡った。"日本を飛び出して世界を走りたい"という想いから北アメリカ大陸大冒険への挑戦を決意。釣りや登山などアウトドアを幅広く愛する。広島県出身、大阪在住の大学生。


SHO-HEYプロフィール

江口 祥平

高校卒業後すぐにワーホリを取得しオーストラリアへ飛ぶ。現地では日本料理店、農場で働くことで何とか1年食いつなぐ。帰国後には冒険に積極的となり、ベトナム縦断、北海道・沖縄自転車旅など数多くのチャレンジを成功させた。兵庫県尼崎在住の大学生。


Category

HOME



twitter


【海鮮】釧路名物の勝手丼を食べる


釧路といえば和商市場の勝手丼が名物である。

釧路漁港で水揚げされた魚介類は新鮮なうちに和商市場に並ぶ。
そして、その新鮮な海鮮を私たちが勝手丼として食べるわけだ。




和商市場、お邪魔します。


勝手丼とは白ご飯を市場内で買ったネタで思い通りにカスタマイズしていく海鮮丼のことである。

どのお店でどのネタを買うのかは自由。
名前の通り自分の好き勝手に海鮮丼をアレンジできるのだ。

お店によって少しずつ違うネタを探すのも楽しみの1つである。




白ご飯はサイズによって120円から300円ほどで売られている。



どのお店のどのネタも全て美味しそうで、正直全部のせたい・・・。

ただ、何も考えないでネタを選んでいくと結構なお値段になるので注意しよう。



でも、ここまで来て節約なんて言ってられない。
ここは奮発!
ということで丼が完成。

言わずしてわかる。うまい。


丼の中でも海鮮丼が特に好きなので勝手丼を考えた人は天才だと思う。
神戸の六甲で食べる海鮮丼に並ぶ文句なしのクオリティーであった。



釧路にきたなら自分のベスト勝手丼を作ってみよう!
関連記事
[ 2017/10/30 17:30 ] ⇨ 旅グルメ? | コメント[0]

コメントの投稿