team Alaska

salmon-plf

サーモン隊長

ぬいぐるみ冒険家。数々の冒険を経て team Alaska の隊長となる。team Alaskaの活動に没頭するあまり、チームカラーのグリーンに染まってしまう。好きな食べ物はイクラ。体は弱め。


杉田 親次朗

杉田 親次朗

高校1年から自転車旅を始め、これまでに国内様々な場所を自転車で巡った。"日本を飛び出して世界を走りたい"という想いから北アメリカ大陸大冒険への挑戦を決意。釣りや登山などアウトドアを幅広く愛する。広島県出身、大阪在住の大学生。


SHO-HEYプロフィール

江口 祥平

高校卒業後すぐにワーホリを取得しオーストラリアへ飛ぶ。現地では日本料理店、農場で働くことで何とか1年食いつなぐ。帰国後には冒険に積極的となり、ベトナム縦断、北海道・沖縄自転車旅など数多くのチャレンジを成功させた。兵庫県尼崎在住の大学生。


Category

HOME



twitter


【北海道の秘湯】コタン温泉露天風呂から屈斜路湖を眺める


旅の途中、秘湯と呼ばれる各地の隠れた名湯を探すことはもはやお決まりの流れ。


すでに十勝岳連峰麓の秘湯、吹上温泉を存分に堪能したがまだまだ入り足らない。


そんなわけで、帯広にて秘湯探し・・・!

札幌から帯広までの自転車旅を無事に走り終えた僕たちはとにかく温泉を求めていた。


帯広といえば、オベリベリ温泉。
いやいや!もっともっと秘湯レベルの高いところを目指したい!

大自然の中で温泉に入りたい!


こんな具合で、気がつくとレンタカーを借りて帯広を抜け出していた。



目指すは、『コタン温泉露天風呂』。
帯広から180kmほど離れた屈斜路湖のすぐの側にある温泉だ。




深夜に帯広を出て、到着したのは朝の6時半ごろ。

屈斜路湖の一部と言っても過言じゃないほど湖面に近く、まるで湖にそのまま浸かっているような感覚になれる。

吹上温泉と同じく、簡易的な更衣室があるだけのハイセンスな造り。
簡易的なところもまた良い。
疲れが吹き飛ぶどころか全回復。

アイヌ集落の中にあるということも激アツポイントで、すぐ側には民族資料館もあるので観光にもピッタリだ。


冬は湯船?に雪を直接入れて温度を調整するなんて話も・・・。
原始的で好き。


また一つ良いお湯を見つけた。
北海道の大自然を感じられるコタン温泉露天風呂。
たまには温泉も冒険してみては?
関連記事

コメントの投稿